株式会社キャンパスクリエイト

お客様の課題解決を
オープンイノベーションで実践する
広域TLO

(調布オフィス)
〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
国立大学法人電気通信大学産学官連携センター内

産業振興・地域振興/自治体・行政関連

当社が携わったマッチングイベントを
ご紹介します。

自治体・行政関連

イベント名 SHINAGAWAイノベーションフォーラム2019 in 五反田バレー
開催日 2019年1月31日(木) 第1部:14:00~18:00 第2部:18:10~19:10
カテゴリー 自治体・行政関連
主催/共催/後援/
協力/企画運営 等
主催:品川区、品川情報クラスター実行委員会 共催:東京商工会議所品川支部 後援:関東経済産業局、関東総合通信局、地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター、一般社団法人五反田バレー 運営:株式会社キャンパスクリエイト(電気通信大学TLO)
開催内容

【イベント名】
SHINAGAWAイノベーションフォーラム2019 in 五反田バレー

 

【会場】
大崎ブライトコアホール(大崎ブライトコア3階)
http://www.ship-osaki.jp/access/

 

【参加費】
第1部:無料  第2部(交流会):1,000円

 

【開催趣旨】
品川区では、情報通信業の皆様の交流・連携の促進による新たなビジネスの創出やビジネスチャンスの獲得などを目的とした取り組みを平成29年度から進めています。本取り組みの一環として、品川産業支援交流施設(SHIP)においてシンポジウムを開催します。
本シンポジウムでは、新たな情報通信技術(AI)の第一人者による基調講演や参加企業による展示、プレゼンテーションによる自社の紹介などを通して、イノベーション創出やネットワーク構築のきっかけとなる場をご提供します。

 

【全体プログラム】
{第1部}
1)14:00~14:05
主催者挨拶

 

2)14:05~15:05

(基調講演1)

講演テーマ:人工知能の現状とこれからの展望

 

講演者  :国立情報学研究所 教授 山田 誠二 氏

 

(講演者紹介)
1989年大阪大学大学院博士課程を修了後、東京工業大学助教授を経て現職。2016年6月から2018年6月まで人工知能学会会長を歴任。人とエージェントが上手に協調するにはどうすればいいのか、また人間とデータマイニングシステムが協力して問題を解決するにはどうすればいいのかという2つの研究 分野を世界に先駆けて展開。「人とコンピュータシステム、マシンとの協調」を目指して、人工知能、特に機械学習、クラスタリング、そしてヒューマンロボットインタラクションのアプローチで研究に取り組んでいる。

 

3)15:10~15:55

 

(基調講演2)

講演テーマ:組込みディープラーニングが実現する世界

 

講演者  :LeapMind株式会社 代表取締役CEO 松田 総一 氏

 

(講演者紹介)
ディープラーニングをコンパクト化することで、あらゆるモノに適用する「DeepLearning of Things (DoT)」の世界を加速させることを目指している。ニューラルネットワークモデルの改善や独自のアルゴリズム研究をソフトウェアとハードウェアの両領域から行い、組込み向けディープラーニング ソリューションを研究開発することで、低消費電力なFPGAなどの電力が限られた小さなコンピューティング環境でも、エッジ側でディープラーニングが稼働する技術を実現している。VC等より総額11.5億円の資金調達を行うほか、組込みディープラーニングのビジネス導入を支援するトータルソリューション「DeLTA- Family」が「ET/IoT Technology2018」の「ET IoT Technologyアワード」において、Edge Technology優秀賞を受賞している。

 

4)16:00~16:30

品川区の支援事業、(一社)五反田バレーの紹介

 

5)16:30~18:00

VC、スタートアップ等によるピッチイベント

 

{第2部}
18:10~19:10
懇親会&ショートプレゼンテーション

 

【ミニセミナー】

(テーマ)

SoundUD推進コンソーシアムのご紹介と取組事例、ビジネス展開について

 

(講師)

ヤマハ株式会社 クラウド推進部 SoundUDグループ

 

(場所)

大崎ブライトコアホール ホワイエ

 

(時間)

15時10分~16時10分

 

(内容)

ヤマハ株式会社では、言語や聴力による情報格差の無い「音のユニバーサルデザイン社会」の創出のため「おもてなしガイド」を開発し、260以上の企業や自治体等と「SoundUD推進コンソーシアム」を運営しています。本イベントでは、「おもてなしガイド」のご紹介とともに、この技術を使った様々な取 組事例をコンソーシアムの会員企業からご紹介するほか、様々な方面へのさらなるビジネス展開・協業の事例や可能性についてディスカッションを行います。

 

(募集人数)
30名(先着順、無料)

 

(実施担当)
ヤマハ株式会社、株式会社PIJIN、株式会社インター・コア、株式会社ニューフォリア

 

【展示ブース】
五反田・大崎地区の情報通信業、品川区内の製造業、品川区助成金採択企業、大手企業などが展示します。

 

(出展者)
■株式会社スマートエデュケーション
■株式会社HERP
■株式会社スタメン
■株式会社空色
■株式会社XSHELL
■balconia株式会社
■株式会社信興テクノミスト
■CMエンジニアリング株式会社
■株式会社大崎コンピュータエンヂニアリング
■東京システムハウス株式会社
■ヤマハ株式会社
■ソニー株式会社

 

他、VC3社によるスタートアップ向け個別相談会の機会を設けます。
(予約制。ご希望の方は申し込みフォームからお申込みください。)

 

(VC)
■DBJキャピタル株式会社
■西武しんきんキャピタル株式会社
■株式会社東海東京インベストメント

 

【特別展示】
マスコットキャラクターロボット 「チリン」(東京都立産業技術研究センター)
追従しながら会話をしたり、展示物等の解説を行う、 追従型の案内ロボットです。 日本語・英語・中国語・韓国語に切り替えでき、 多言語に対応。

SHINAGAWAイノベーションフォーラム2019 in 五反田バレー