東京電機大学 工学部 電気電子工学科 教授

佐藤 慶介

  • エネルギー
  • 機能性材料

性能を向上させるナノ粒子への表面加工技術

ナノ粒子表面へのナノデザイン加工(細孔形態や微細突起形態の形成)は、比表面積を拡張できるため、エネルギー・電気化学分野等における発電・蓄電用電池の性能向上に直結する極めて重要な技術となっています。

今回出展するナノ多孔粒子とナノ金平糖粒子は、細孔と微細突起のサイズ、密度を制御することにより比表面積を自在にコントロールすることができるため、太陽電池の発電効率ならびにリチウムイオン二次電池の電力貯蔵容量と寿命を向上させることができます。

また、それらのナノ粒子の製造方法には金属触媒を用いたウェットエッチングプロセスを採用しているため、従来のナノ加工技術と比べて劇的にコスト削減することができます。

本研究で構築したナノ多孔粒子は、電池用途以外にも抗原・抗体反応によるウィルスを診断するための材料や感染歴を確認するための材料としても利活用できます。