株式会社キャンパスクリエイト

お客様の課題解決を
オープンイノベーションで実践する
広域TLO

(調布オフィス)
〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
国立大学法人電気通信大学産学官連携センター内

開放特許情報

特許情報

発明の名称 画像ランキング方法、プログラム及び記憶媒体並びに画像表示システム
技術分野 IT, その他
出願日 平成22年5月11日
出願番号 特願2010-109454
公開番号 特開2011-238057
登録番号 特許第5569728号
出願人 国立大学法人電気通信大学
発明者 柳井 啓司
川久保 秀敏
特許公報 PDFのダウンロードはこちらから
概要 【特許請求の範囲】

【請求項1】
少なくとも位置情報がメタデータとして付された画像を検索し、検索された画像のランキングを作成する装置の方法であって、
検索対象の画像についてのクエリと場所情報とを含む入力を受け付けるステップと、
前記クエリに基づき、前記画像を検索するステップと、
前記検索された画像の特徴量を抽出し、抽出された特徴量に基づいて前記検索された各画像間の類似度を求めるステップと、
前記検索された画像の前記メタデータ内の位置情報により示された位置と前記入力された場所情報により示された位置との距離を算出するステップと、
前記類似度と前記距離とを用いて、前記ランキングを作成するステップと、を含むことを特徴とする、ランキングを作成する方法。

【請求項2】
少なくとも位置情報がメタデータとして付された画像を検索し、検索された画像のランキングを作成するシステムであって、
検索対象の画像についてのクエリと場所情報とを含む入力を受け付ける入力受付部と、
前記クエリに基づき、前記画像を検索する検索部と、
前記検索された画像の特徴量を抽出し、抽出された特徴量に基づいて前記検索された各画像間の類似度を求める類似度作成部と、
前記検索された画像の前記メタデータ内の位置情報により示された位置と前記入力された場所情報により示された位置との距離を算出する距離算出部と、
前記類似度と前記距離を用いて、前記ランキングを作成するランキング計算部と、を備えたことを特徴とする、ランキングを作成するシステム。

【請求項3】
前記入力受付部は、前記ランキングを作成する際の前記類似度と前記距離の重みづけの入力をさらに受け付けるものであることを特徴とする請求項2記載のランキングを作成するシステム。

【請求項4】
前記入力受付部は、複数の前記場所情報の入力を受け付けるものであり、
前記距離算出部は、前記複数の場所情報の各々について、前記距離を算出するものであり、
前記ランキング計算部は、前記類似度と、算出された複数の前記距離とを用いて、前記ランキングを作成することを特徴とする請求項2または3に記載のランキングを作成するシステム。

【請求項5】
前記距離が小さいほど前記ランキングに対して大きなバイアスをかけることを特徴とする、請求項2乃至4のいずれかに記載のランキングを作成するシステム。

【請求項6】
前記距離が大きいほど前記ランキングに対して大きなバイアスをかけることを特徴とする、請求項2乃至4のいずれかに記載のランキングを作成するシステム。

【請求項7】
前記類似度作成部は、前記検索された画像の視覚特徴量を抽出するとともに、前記検索された画像の前記メタデータ内のテキスト情報からテキスト特徴量ベクトルを抽出し、抽出された前記視覚的特徴量と前記テキスト特徴量とに基づいて前記類似度を求めるものであることを特徴とする請求項2乃至6のいずれかに記載のランキングを作成するシステム。

【請求項8】
前記類似度作成部は、複数の画像から前記類似度を求めるものであることを特徴とする請求項2乃至7のいずれかに記載のランキングを作成するシステム。

【請求項9】
前記類似度作成部は、類似度行列を作成するものであり、
前記距離算出部によって算出された距離に基づきバイアスベクトルを作成するバイアス作成部をさらに備え、
前記ランキング計算部は、前記類似度行列と前記バイアスベクトルとを用いて、下記(1)式を反復計算することによりランキングを作成するものであることを特徴とする請求項2乃至8のいずれかに記載のランキングを作成するシステム。
R=α(S×R)+(1-α)P ・・・(1)
但し、
Rは、ランキング値、
Sは、類似度行列、
Pは、バイアスベクトル、
αは、バイアスの強さを調整するパラメータ(0<=α<=1)、である。

【請求項10】
コンピュータを、請求項2乃至9のいずれかに記載のランキングを作成するシステムとして機能させるためのプログラム。

本特許の活用に関心がある方はコチラよりお問合せください。