LAWPコンソーシアムヘッダー
トップページへ 「ヒートシンク式レーザ樹脂溶着法」の効果
(フッ素樹脂、スーパーエンプラの接合等へ応用可能 )
「レーザ透過ヒートシンク」の効果により、樹脂部材の表面無損傷重ね合わせ溶着を実現しました。瞬間的に自己発熱できるレーザ加熱の利点を生かし、高融点素材の溶着に真価を発揮します。

※色素の添加なしに、同種のプラスチックを表面がきれいなまま溶着できます。
※フッ素樹脂、スーパーエンプラ等様々なプラスチック加工へ応用可能です。

【溶着可能な樹脂材料の実績】

■ フッ素樹脂■ スーパーエンプラ
PFAPES
FEPPSF
PVDFPPS
ETFEPEEK
PCTFEPEI
PTFELCP

【ヒートシンク式レーザ樹脂溶着の特徴】

重ね合せ溶着において、上側の部材からレーザ吸収発熱し、深部へ溶融が広がっていき、界面を挟んで溶融一体化します。この際、レーザ照射面での余分な発熱を上部のヒートシンクが放熱するため、表面で過熱による損傷が起きません。「表面冷却・内部溶融」の実現です。

【内部溶融の実例】

溶着した部材断面を観察すると(偏光観察)、溶融痕が内部だけに有り、表面での溶融が見られないことが分かります。
ヒートシンク式レーザ溶着の効果1

【半導体・医療分野への応用】

半導体製造装置や医療機器には、高い耐熱性、耐薬品性、耐摩耗性が求められます。樹脂部材としてそれらに応えられるのは主にフッ素樹脂です。また更に高いクリーン度を要求されるこの分野では、外部溶融をしないヒートシンク式レーザ樹脂溶着の効果を活用できます。

【応用例】

ヒートシンク式レーザ溶着の効果1
◆本サイトの全コンテンツは、LAWPコンソーシアムに帰属します。一切の無断複写・転載を禁じます◆