LAWPコンソーシアムヘッダー
トップページへ 研究ワーキンググループ
「研究ワーキンググループ」は本コンソーシアムの研究活動主体となるものです。
以下の分野の研究に取り組んでいます。
基礎技術情報データ蓄積
樹脂材料の物性、溶着特性(変形・強度)などのデータ取得
各応用テーマが展開する際の基盤情報となる。
レーザ溶着装置研究
加工精度向上、加工速度向上、加工自在性向上等を課題として
製品としてのレーザ溶着機の完成度を高める。
難接合課題克服
形状、寸法において技術的ハードルが高いケースを克服する。
応用分野拡大
半導体製造装置関連以外の分野で適用される技術研究を目指す。
◆本サイトの全コンテンツは、LAWPコンソーシアムに帰属します。一切の無断複写・転載を禁じます◆