LAWPコンソーシアムヘッダー
トップページへ コンソーシアムの理念
1. 本コンソーシアムは、故 電気通信大学黒ア客員教授の発案したヒートシンク式レーザ樹脂溶着法を基にして、 実証化技術をお互いの協力の下、関係各社が相互に連携して、課題の改善・応用技術の研究等で協力するものである。
2. 本コンソーシアムの目的は、本技術を応用した製品を早くに市場投入するものである。 また、基礎研究を続け、更なる市場開拓を行うものである。
3. 本コンソーシアムに参加した企業は、それぞれ対象製品・分担内容を確認して、 以後の研究に取り組むものとする。
4. 会員各企業は、相互精神にのっとり、本技術に関する技術的成果は本コンソーシアム内に公開するものとし、 それらを状況に応じて活用できる。
◆本サイトの全コンテンツは、LAWPコンソーシアムに帰属します。一切の無断複写・転載を禁じます◆